よくあるご質問 -大山町タウン-


Q&A

定期借地やローンについて

定期借地権とは?

定期借地権とは、50年以上の長期にわたり土地を借りて利用できる権利のこと。月々の土地賃料は必要になりますが、当初の土地購入費用や年間の土地の固定資産税等は必要ありません。


保証金とは?

地主に対して土地賃料と解体費用を保証するために、購入時に地主に預けるお金です。


土地を返還した際には、全額無利息で返してもらえます。


定借と土地所有では、どちらがお得ですか?

お得の考え方にもよりますが、お金だけの単純比較をしてみましょう。


もし大山町タウンB区画(土地面積約37坪、地代19,000円)を土地購入しようとする場合、一等地ですのでおよそ2,600万円は必要です。対して50年間の合計地代は1,140万円です。単純比較で定借の場合、50年間に1,460万円以上のお金のゆとりが得られます。(購入する場合は、さらに土地の固定資産税等も必要です。定借の場合は不要です。)


後は、50年後の土地価格、相続人の考え方、家族の変化によって、お得さや価値観は変わってくると思います。


安城市の中でも大山町という大変希少で住みやすい土地に、月額19,000円で50年間も暮らせることは、大変お得だと私は思います。


今までどんな方々が定借戸建を選択されましたか?

過去に定借戸建を選択された方は、次のような理由の方が多いです。


・いずれは実家を引き継ぐから、それまではお金をかけずにできる限り、良い場所、良い土地、広い土地で暮らしたい。


・マンションよりも月額費用がお得で、しかも戸建に住めるから。


・自然素材の木の家に住みたいけど、土地まで買うと予算が足りない。定借なら、自分の好みの家が建てられる。


・50年後なんてどうなってるか分からないから、お金にゆとりが持てる定借の方が良い。


50年の間に途中で売ることや貸すことはできますか?

はい。できます。


中古戸建として途中で売却することも、戸建賃貸として貸し出して家賃収入を得ることも可能です。


その際にも、未来住建がお手伝いいたしますので、何でもお任せください。


ローンのこととかよくわからないのですが・・・

ご安心ください。ローンについても一から詳しくご説明いたします。ゆとりある住宅ローンの組み方や頭金の必要額、住宅ローン以外に必要な諸費用のご説明、住み始めた後に必要となるお金、今だからこそ得られるお得な減税制度など、お客様の立場に立ってアドバイスさせて頂きます。お気軽にご相談ください。


定借だとローンが組めないという噂を聞きましたが本当ですか?

定借でもローンは組めます。


大山町タウンの場合、三菱UFJ銀行かフラット35がご利用可能です。定借だから金利や手数料が高くなるといったこともありません。ご安心ください。