家時間を楽しむ住まい

「長くなった家時間を"楽しむ"住まい」

新型コロナウイルスの影響により、家にいる時間が長くなりました。

ステイホームやテレワーク、学校の休校やオンライン授業、家族が長く家にいることによる家事仕事の増加など、

暮らし方が変わりつつあり、今後は家で過ごす時間が増えることが当たり前になりそうです。

長い時間を過ごす家ならば、できる限り楽しい空間にしたいと感じている方も多いと思います。

私たち未来住建も、家での暮らしを楽しめる住まいを造りたいと、常々考えてきました。

 

未来住建では、楽しい住まいを実現するために、次の3点に重点を置いています。

①イメージを実現する知識と技術を持つこと

②快適で健康的な空間であること

③ゆとりある敷地であること

↓下に続く(下に掲載した写真をクリックすると、各施工事例や物件情報のページへ移動できます。)

 

未来住建がつくる街並みの写真

↑定期借地権付き住宅の街並み(安城市緑町)

代表的な戸建外観写真

↑施工事例:大きな軒下駐車場がある家(知立市東上重原町N様邸)

 

①イメージを実現する知識と技術を持つこと

これは、皆さんがイメージしている理想の家を、実際に具現化する知識と技術が必要だということです。

未来住建では、既製品や規格サイズに沿った家づくりは行わず、

全て0から造り上げる完全自由設計の家を造っています。

ご希望やイメージを伺って、設計士の知識と発想力も加えて、そのイメージを具体的な設計プランに練り上げます。

設計士、現場監督、職人が共に考え、知恵を絞り、確かな技術で実際に家を建てていきます。

また、地震や台風などの自然災害に耐えられる耐久性や安全性はもちろん必要です。

未来住建は、それらを実現する確かな知識と技術を備え、安全な住まいをご提供します。

もちろん、予算の範囲内に収める工夫もご提案いたします。

個別相談はいつでも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

 

技術でつくる戸建参考写真

↑施工事例:段差を上手に活かしたリビング(安城市緑町N様邸)

ウォークインクローゼット写真

↑分譲中物件:収納が豊富な分譲住宅(Rakuie弁天町)

 

②快適で健康的な空間であること

これは、何事も楽しむためには何よりカラダが健康であることが必要です。

長時間過ごす場所が、不衛生であったり、有害物質があったり、快適な環境に無い場合は、

当然健康を維持できず、精神的にも弱りやすいカラダになってしまいます。

未来住建では、本物の木や接着剤不使用の塗り壁、和紙や自然塗料などの

自然素材をふんだんに使った木の家を造っています。

自然素材には、室内の湿度を適正に保ってくれる調湿機能や不快な生活臭を消してくれる消臭機能、

有害物質を分解して無害化してくれる機能など、室内を快適にしてくれる多彩な機能が備わっています。

また、未来住建では木の家に加えて、マイナスイオン発生装置(KTイオンシステム)も標準設置し、

森の中のような空気が美味しくて爽やかな空気環境も実現します。

家として、家族が快適で健康的に暮らせる空間であり、安心して心地良く暮らせる住まいをご提供します。

 

木が多い戸建参考写真

↑施工事例:木の風合いが素敵な住宅(安城市緑町)

未来住建がつくる街並みの写真

↑施工事例:様々な樹種を適材適所に活用(知立市上重原町)

 

③ゆとりある敷地であること

これは、少しでも外を感じられるお庭があった方が良いということです。

最近では、家と駐車場しか造れない住宅用地も多くなっています。

ステイホーム期間で感じたと思いますが、外に出られないストレスは大きいものです。

特に小さなお子様にとってはなおさらです。

お庭でBBQやご飯を食べたり、小さなプールで水浴びしたり、少しでも外を感じる行為は良いリフレッシュになります。

また、家としての見た目や陽当りの面で考えても、

家だけでなく外構もキレイに造ったお宅は素敵ですし、南側に庭があれば確かな陽当りを確保することができます。

家の価値を高めるお庭がとれる、ゆとりある敷地が必要であると考えます。

しかしながら、土地から購入する方々にとって、安城市は決して土地価格が安くないため、広い土地となれば高額になりかねません。

そこで、未来住建では定期借地権の活用をオススメしています。

広い土地は買わずに借りてしまえば、予算もかなり浮かせられるし、その分を理想の家の建築費用に回すこともできます。

定期借地権の知識も豊富ですので、借主の方が不利になることも一切ありません。

定期借地権付き戸建住宅を購入した方々の決断時のご感想をまとめました→ こちら もご参考になれば幸いです。

詳しくは、未来住建スタッフまでお気軽にご質問、ご相談ください。

 

お庭イメージ写真

↑施工事例:敷地面積約66坪のお庭が広い定借住宅(安城市緑町)

Rakuie弁天町外観写真

↑分譲中の定期借地権付き戸建住宅(Rakuie弁天町)

event-banner