定借戸建を購入した方々のご感想

「定借戸建を購入した方はどんな人?」

~ご購入者たちの購入決定時のご感想をまとめました。~

①20~30年後に実家に戻る、実家を継ぐ意思がある方々

●「仕事のために安城で暮らしているが、子供達が自立し、仕事も一段落したら、いずれは実家に戻る予定だから、土地を買う必要は無い。けれど、ずっと賃貸では狭いし環境も良くないと思っていたところ、定期借地権を知り、私達には最適かもしれないと思い、未来住建を尋ねました。

木の家のモデルハウスに宿泊体験し、家の良さが凄く実感できたので、未来住建で家を建てたいと思いましたし、たまたま希望エリア内で定借の土地が出て、迷わず購入を決めました。」

 

●「近くに実家はあるが、同居するには抵抗があった。けれど、いずれは実家を引き継ぐ意思はあり、新たな土地を買う気にはなれなかった。賃貸で暮らしていたが、子供が大きくなってきて、部屋も手狭に、このまま家賃を払い続けるのももったいないと思っていた。そんな時に、定期借地権付き戸建住宅が近くにできると知り、早速分譲会社に説明を聞きに行った。

家も木の家で憧れがあったし、定借についても、不当な地代の値上げはないことや途中で売却できることなど、インターネットで調べて不安に思っていたことも、説明を聞いて解消できたので、私達にピッタリだと思い、即決しました。」

 

未来住建がつくる街並みのイメージ

②小学校の学区最優先の方々

●「○○小学校区でずっと土地を探していましたが、なかなか見つからず、子供も小学校へ行く年齢に近づいてきて焦っていたところ、定期借地権付の土地を見つけました。

南側道路で陽当りが良く、敷地も広くて、駐車場もお庭も取れる最高の土地。建築条件付きの土地だったけど、分譲会社の建てた家を見た時、素敵な木の家で家も最高だと思い、決断しました。

定借だけれど、50年も住めるなら、期限があることにあまり抵抗は無く、むしろこんなにいい土地は絶対に買えないから、いい土地に住むことができてラッキーだと思います。」

 

●「子供優先、学区優先でずっと土地を探していた時に、定期借地権の土地情報を知りました。

知り合いが同じ分譲会社の定借の家に住んでいて、定借についてある程度聞いて知っていたし、その知り合いの家がとても素敵だと思っていたので、待ってましたと飛びつきました。

営業さんから詳しく説明も聞いて、より安心できたし、家もセミオーダー設計だったけれど、家族の希望は全て叶えられたし、大満足です。」

 

小学校のイメージ

③広い土地と広い家に住みたい方々

●「家族4人で2LDKの定借マンションに住んでいたけれど、上の子供が中学生になり、少し手狭に感じて来ていた時、営業さんから同じ学校に通えるエリア内で定借戸建があると聞き、物件を見学に行きました。

土地も広く、車2台大型バイク1台が余裕でとめられて、サッカーの軽い練習もできる庭も付いていて、4LDKの家も十分な広さで、裸足で過ごせる木の家が気持ち良く、何より妻や子供達がとても気に入っていたので、購入を決めました。

マンションを売却しようか賃貸にしようか迷いましたが、後々に手間のかかる賃貸はやめて、売却することに決めました。希望に近い金額で売却でき、そのお金は新しい家のローン返済に回して、早く完済もできそうです。」

 

●「きっかけは、希望エリア内で物件見学会を行っていて、ふらっと見学してみたこと。土地はすごい広いし、家もオシャレな木の家だったから、絶対に買えないと思いつつ、家の良さはすごく感じながら見学しました。最後に詳しい物件の説明を聞いていると、定期借地権と聞き、販売価格もすごくお手頃で、私達でもこの家に住めるんだと驚きました。

土地は約70坪もあり、家の裏には畑まで付いていて、主人が家庭菜園にすごく興味があったので大変気に入ってました。あと、定期借地は7棟分の土地が東西に並んでいて、各土地の境界フェンスなどがなく、開放的でより土地が広く感じるし、住んだ今となっては、他の6棟のご家族とも仲良くなって、子供たち同士も仲良くなって、端から端までかけっこしたり、みんなで集まって庭でBBQしたり、とても楽しく過ごせています。これは、定借だからこそ、境界にこだわりを持たないからこそ生まれた貴重な関係なのかなと思っています。」

 

広い庭のイメージ

④こだわりの家を造りたい方々

●「前々から木の家を建てたいと思っていて、他にも吹き抜けの開放的なリビングやアイランド型の広いキッチン、大きなウォークインクローゼットなど、理想の家への希望は多く、いろいろな住宅会社を回っていました。

けれど、安城は土地価格が高く、希望の広さの土地を購入していたら、とても家に回す予算がありませんでした。

そんな時に、未来住建から定期借地の提案を受けました。50年間は間違いなく住めること、地主からの一方的な追い出しや賃料の値上げができないこと、住宅ローンもしっかり組めることなどが確認でき、定借の土地が良いのではと考えるようになりました。

周りからは、後に何も残らないよと言われましたが、将来子供達が引き継いでくれるかも分かりませんし、理想の家に住めずにストレスを感じながら暮らすことの方が苦痛ですし、何より広い土地に理想の家が無理なく建てることができるので、未来住建にお願いしようと決めました。」

 

こだわりの家のイメージ

⑤今の暮らしを充実させたい方々

●「40歳を超えての家探しだったので、自分達の希望に合ったできるだけリーズナブルな物件を探していました。定期借地権付き分譲住宅を見つけた時は、これいいかもと思いました。

50年も住めるし、50年後何てどうなってるかも分からないし、それよりも今、気に入った家に住めて、返済も楽で、生活にもゆとりが持てて、楽しく暮らせそうだと感じたので、購入しました。」

 

●「元々家へのこだわりはあまりありませんでしたが、ずっと賃貸では家賃を払い続けるのはもったいないと感じていました。家を買うなら子供が小学校に上がる前にと思っていたので、家探しを始めました。

価格を絞って検索していたら、未来住建さんの定期借地権付き分譲住宅を見つけて、物件を見学に行きました。家は妻が気に入っていたので問題ありませんが、定借について初めは不安がありました。けれど、営業さんの説明を聞いてるうちに、自分達にはメリットの方が大きいと思うようになりました。

広い家が最も必要な時期は今から子供達が自立するまでの20~30年だし、将来子供達が自分と同じようにどこに住むかもわからないし、家を建てる時には土地よりもお金を渡してあげる方が子供達も喜ぶと思えたし、多額のリフォームが必要な時期になったら、売却して夫婦2人ちょうどいいマンションに引っ越すのもありだと思えたので、定借戸建の購入を決めました。」

 

未来住建がつくる街並みの写真

【現在、分譲中の定期借地権付き戸建住宅】

Rakuie弁天町のご案内

event-banner