土地活用事業


無借金でできる、土地活用のススメ

 

未来住建が提案する土地活用は、

資金ゼロ・リスクゼロの土地活用です。

 

無借金でできる土地活用|株式会社未来住建

アパート建築で大きな借金を抱えることに不安を感じていませんか?

 

土地活用といえば、すぐに思い浮かぶのがアパート経営です。「アパート建築のため借金をするので相続税が0になる」「借金をしても家賃保証があるから安心」と提案を受けた方もいるのではないでしょうか。ですが、家賃保証は金額保証ではありません。家賃の金額は空室率や経年劣化に応じて減少していき、家賃収入が返済額を下回ることも十分にあります。アパート経営のメリットとデメリットを正しく理解すれば、高いリスクが見えてきます

株式会社未来住建

アパート経営のメリット


  • ・土地の相続評価額が下がる
  • ・建築費用と相続評価額の差額分、評価額が下がる
  • ・家賃収入が納税準備資金になる
株式会社未来住建

アパート経営のデメリット


  • ・空室リスクがある
  • ・修繕費がかかる
  • ・すぐに売却しにくい
  • ・財産の分割がしにくい
  • ・不動産価格の下落リスクがある

アパート経営のリスク


1.建てるときに大きな資金が必要

2.建ててからも修繕費がかかる

3.修繕費を渋ると、老朽化が早まり空き室が増える

そこで未来住建は低リスク「定期借地権を活用した土地活用」を提案します。


定期借地権なら地主様は土地を貸すだけ。建物の建築費などが負担がない、無借金の土地活用です。具体的には、未来住建が土地を50年間お借りし、「分譲マンション」や「分譲住宅」を建設して販売します。建設費は未来住建が負担しますので、地主様は保証金と50年間にわたり毎月の安定した地代収入が得られます。

株式会社未来住建
株式会社未来住建
株式会社未来住建
株式会社未来住建

実際に無借金での土地活用をされている 地主さんの声

未来住建の定期借地権を利用した「無借金で始められ、安定した収入を得られる土地活用」の事例です。


株式会社未来住建

安城市緑町 O様の声

アパート建設に断固反対の父親も無借金で出来る土地活用の提案は、即OKでした。

 

父親が所有している土地がたくさんあって土地活用を考えたが、住宅地の中で店舗や工場には不向き。アパート建設は父親が断固として反対していて無理。そんな時に、未来住建から無借金で土地活用できる提案をして頂き、父親に相談したら即OKをしてくれました。
未来住建の提案は安全で安心できる提案なので長い将来においても心配なく過ごすことが出来ます。
これで子供たちに稼げる土地を残せてやれると思っています。父親は相続が起きたら土地を売って相続税を払えばいいと言っていましたが、それでは子孫に土地を残すことは難しかったと思います。
次の相続には時間があるので、今から相続税のための準備を始めています。

 


 

株式会社未来住建

安城市姫小川町 K様の声

分譲マンションをつくりたいので土地を貸してくれと言われ、マンション1戸くれるというので不思議に思いましたが、詳しく話を聞いてみると、とても合理的な考え方で驚きました。

 

毎日毎日○○会社の営業が来てアパート経営をやりませんか。儲かります。としつこく営業されて、困っていましたが・・・。ある日そんなに儲かるなら土地を貸してやるからあなたのところでアパートやればどうですか?と言ってやりました。
それからしばらくは来なくなりましたが、そんな時未来住建から分譲マンションをつくりたいので土地を貸してくれと言われ、マンション1戸くれるというのでとても魅力に思いました。詳しく話を聞いてみると、とても合理的な考え方で驚きました。
直ぐに承諾して契約しましたが、その後も約束通りに事が進み、何の心配もなく事業が出来ました。
1戸貰ったマンションのお陰で収益も多く、また分譲マンション仕様なので入居者もすぐ決まってくれていますのでとても満足しています。

 


 

株式会社未来住建

安城市篠目町 K様の声

収益性の高いスターターマンションでの土地活用をやりましたが、やってよくわかったことは賃貸マンション事業と違い出ていくお金が少ない。逆に賃貸マンション事業は収入は多いが返済も大変。

 

鉄筋コンクリート建てのファミリータイプとワンルームタイプのアパートを2棟建設しましたが、まだ土地があるためもう1棟建てようかと思っていた時、未来住建の定期借地権の土地活用を提案され地代だけでは物足りなさを感じていましたが、自宅の建て替えの時期と重なり、未来住建の営業から保証金を家の建て替え資金の一部にすれば良いとの提案があり、それは良いと思い契約しました。
その後も収益性の高いスターターマンションでの土地活用をやりましたが、やってよくわかったことは賃貸マンション事業と違い出ていくお金が少ない。出ていくのは固定資産税と都市計画税ぐらい。収入は毎月きちんと入ってくるので安心しています。賃貸マンション事業は収入は多いが返済も大変。管理は自分ではできないので業者にお願いする。管理料も大変。手残りは意外と少ない。
そして15年過ぎたら修繕費が莫大になった。これからも将来の修繕を考えると心配で仕方ない。子供たちが将来古くなったマンションを解体するには一体いくらかかるのか心配している。
安心できる土地活用がストレスも無く安定収入でとてもいい生活を送っています。

未来住建の土地活用実績

株式会社未来住建
「家は街のもの」「街はみんなのもの」という価値観で、街並みを考えた土地活用を行っています。

スターターマンション(現在の名称は「リブレ」になりました。)

株式会社未来住建

A.安城市緑町 スターターマンション緑町

株式会社未来住建

B.安城市緑町 スターターマンション緑町Ⅱ番館

株式会社未来住建

C.安城市二本木町 スターターマンション二本木

株式会社未来住建

D.安城市新田町 スターターマンション新田

株式会社未来住建

E.安城市篠目町 スターターマンション篠目

株式会社未来住建

F.安城市篠目町 スターターマンション篠目Ⅱ

株式会社未来住建

G.安城市小川町 スターターマンション桜井南

株式会社未来住建

H.安城市姫小川町 スターターマンション姫小川

株式会社未来住建

I.知多郡東浦町 スターターマンション東浦

株式会社未来住建

J.西尾市伊藤 スターターマンション伊藤Ⅰ

株式会社未来住建

K.西尾市伊藤 スターターマンション伊藤Ⅱ

株式会社未来住建

L.岡崎市宇頭町 スターターマンション宇頭

株式会社未来住建

安城市横山町 スターターマンション横山

株式会社未来住建

安城市池浦町 スターターマンション池浦

株式会社未来住建

安城市百石町 スターターマンション百石

リブレ

株式会社未来住建

安城市桜井町 リブレ桜井西

スターターハウス・一戸建て

株式会社未来住建

1.安城市新田町 Park Town SHINDEN(パークタウン新田)

株式会社未来住建

2.安城市緑町 Japanese Friend Town(ジャパニーズ フレンド タウン)

株式会社未来住建

3.安城市緑町 Japanese Heartful Town(ジャパニーズ ハートフル タウン)

株式会社未来住建

4.安城市篠目町 香りの街

土地活用でお悩みの地主様、まずは未来住建にご相談ください。

お電話はこちら 0566-71-3270