自然素材のメンテナンスって大変?

2021年11月27日

自然素材の家を検討する場合、メンテナンスについて考える方が多いと思います。

実際、お客様からも「シミや傷がつきやすく、メンテナンスが大変なのでは?」とのお声もいただきます。

しかし、“自然素材だから”といって普段のお手入れが特別大変なわけではありません。そして、化学物質を使用した新建材よりもメンテナンス費用が掛からず、貼り替えなども必要がないといった魅力もあります。

 

日頃のお手入れとして、無垢のフローリングは乾いた雑巾で拭くだけなのでとっても簡単です。醤油やコーヒーなど着色が濃い液体も、すぐに水拭きすればシミになることはありません。万が一、シミができてしまった場合、中性洗剤を水で薄めたもので汚れを落とし、最後にしっかりと洗剤部分を拭き取ってください。

 

「ワックスがけも大変なのでは?」というイメージをお持ちの方も多いと思います。ワックスがけをしなくても、こまめに拭き掃除をすれば、綺麗な状態の床を維持できます。

それでも、色味の変化や傷などが目立ってきた場合は、サンドペーパーやサンダーで表面を削り、自然素材の塗料やワックスなどを塗ってください。美しい無垢材が復活します。ホームセンターによっては、サンダーをレンタルできるので、休日にご家族で協力して作業するのも素敵な思い出になると思います。

 

複層フローリングでも傷はつきますし、接着剤の剥がれ、劣化による色味の変化もあります。自然素材に対して必要以上に不安に感じず、素材に適したメンテナンス方法で、経年変化を楽しんでください。家族と共に成長する自然素材に、愛着も増していきます。

 

 

家族が健やかに暮らせる住まいに自然素材は欠かせません。

 

未来住建は「健康に害する住宅は造らない」という信念のもと、毎日が心地よく健やかに暮らせる住まいをご提案していきます。